INFOMATIONお知らせ・採用情報

homeロジステックHOMEお知らせ ー ダンボール箱のテープ貼りを自動…

ロジステックのお知らせ・採用情報

2021.09.08

取扱商品

ダンボール箱のテープ貼りを自動で-カートンシーラー


ロットランダム/ランダム切り替え可能なカートンシーラー

なじみの方なら名前を聞いただけで「あ~、あれね」とお分かりだとは思います。

人の替わってに自動で段ボール箱にテープを貼り、封をする機械です。
上だけ貼るタイプ、上下貼るタイプ、そして箱サイズを固定するタイプ、

様々なサイズの箱がこの1ラインに流れるタイプ、

用途やニーズによりさまざまラインナップがあります。

(カタログ下の動画をご覧ください。)

as323※画像クリックでカタログがご覧いただけます。
簡易型のカートンシーラー(動画)ですが段ボールの3枚の羽根を自動で折ってくれます。

今回ご紹介するのは、大小様々なサイズの箱が流れてきても自動で箱の大きさに調整し、

テープで封をしてくれる機械です。

従来のランダムタイプは、サイズ合わせをする関係で、サイドの搬送ベルトや上のテープユニットが
ひと箱ごとに最大まで開いてから箱サイズ合わせて閉じる機構になってます。

(メーカーによっても異なります。)
そのためひと箱ごとに最大まで開いて、また閉じるのは作業性が悪いというご指摘もありました。
そこで下のタイプ。
※画像クリックでカタログがご覧いただけます。

これはランダムとロットランダムの切り替えができるタイプです。

ロットランダムとは箱サイズの種類によって
手動で機械を調整するタイプのことを言います。

このカートンシーラーのメリットは、ひと箱ごとにサイズが変わる場合は自動で機械を調整し、

何箱か同じサイズの箱が流れる場合はスイッチ一つでサイズを固定できるところにあります。

固定することにより、上記しました作業性の悪さを解消できます。